新型インフルエンザの予防接種

本日は待ちに待ったしーちゃんの新型インフルエンザの予防接種です。
掛かり付けの小児科で申し込みしてたんですが、人数の都合なのか?市役所での集団接種でした。
時間より少し早めに行ったんですが、すでにすごい人数でした。
ただ受付、検温、支払い、診察、注射とそれぞれ4ヵ所ずつくらいあったのでスムーズに進み、受付から15分後くらいには注射まで終わりました。
いつもと違う雰囲気の中、診察の直前までは問題なく進みましたが、診察は私にしがみついてなかなか聴診器で胸が見られず泣き叫んでいました。
その後看護師さんに抱かれ、注射。
だいぶ泣き叫んで周りの子供達に負けていませんでした。
しかし、終わればすぐに泣き止み、しばらく待機してましたが、もうけろっとしてあちこち気になりだした様子。
何はともあれ無事に終了してホッとしました。
ただ年が明け、新型インフルエンザが少しずつ治まりつつあるのか、何だか今さらっていう気持ちがありました。
年内に接種できることを期待していましたが、予約してからけっこう待たされた気がしています。
正直、かかったらどうするんだ?とハラハラしていましたし、会場で質問しても、頼りない回答。
満足のいく答えはなく、「受ける意志があるから来たんですよね。」のセリフにはカチンときました。
受ける、受けないの問題ではなく、遅いことに怒ってるのに、何だか話そらされたみたいでした。
忙しいのは分かるけど…。
まぁ、接種までかからずにすんだからこそよかったんですけどね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック